« 2015年5月の打ち上げ | トップページ | 文官統制 »

2015年6月 7日 (日)

日向国の大河

昔「おおよど」という名前の特急列車があったことを憶えている人がどれくらいいるだろう。昭和54年から昭和60年まで、博多から熊本-八代-人吉-吉松-都城を経由して宮崎まで運転されていたディーゼル特急だ。日豊本線の特急「にちりん」の間合い運用だったが、「にちりん」がすべて電車化されるのに従って廃止された。

いっぽう、旧日本海軍の軽巡洋艦「大淀」は昭和18年に竣工したが昭和20年7月に呉で米艦載機の空襲をうけて大破転覆し浅瀬に横倒しの状態で終戦を迎えた。

偶然の一致だろうが、短命に終わったのは共通だ。

さて現在「大淀」はアオシマから出ているがかつてはフジミが出していた(フジミのキット自体は今もある)。三十一が模型制作を始めた70年代後半、日本海軍の主要艦艇がほぼキット化された時代にあって名の知れた艦艇で同型艦まで含めて製品化されていなかったのが「大淀」だった。結局「大淀」が発売されたのは1979年のことである。だから三十一にとって「大淀」は少し特別だったのだ。

今回は制作に2ヶ月間くらいかかったけれど、最初の3日間と最後の一週間くらいが実働期間であとは机の上で放置されている状態だった。ある日ふと見るとうっすらとホコリをかぶっていてさすがにこれはマズいと思ったので慌てて馬力をかけ始めたというわけだ。

Img_5414s

時間をかけただけあってわりとちゃんとできたと思う。

ところで海上自衛隊の護衛艦「おおよど」はもうすぐ竣工から25年になる(1991年1月23日就役)が、いまだ健在である。

|

« 2015年5月の打ち上げ | トップページ | 文官統制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/61710335

この記事へのトラックバック一覧です: 日向国の大河:

« 2015年5月の打ち上げ | トップページ | 文官統制 »