« 有司専制 | トップページ | 運転免許証で入国できるアメリカ »

2015年7月25日 (土)

むかし神奈川県、いま東京都

現在、東京都下と呼ばれている三多摩地方(北多摩郡、西多摩郡、南多摩郡)は明治のなかばまで神奈川県に属していた。
しかし日本海軍では軽巡洋艦の艦名は川から命名することになっていて、したがって本当は東京都と神奈川県の境界(下流では)を流れる川、とせねばなるまい。

Img_6571s

さて相変わらずの昔話で恐縮だが(なにしろネタはいくらでもあるので)、三十一は幼少のころに多摩川まで歩いて5分ほどのところに住んでいたことがある。艦船模型を作り始めたころにはもう引っ越してしまっていたのだが、それでも三十一にとって馴染み深い川だ。
だから、三十一が艦船模型を作り始めたときに最初に手にした模型が「多摩」だったのは偶然ではないのかもしれない。今となっては当時の記憶もおぼろげだ。
その後、WLシリーズを片っ端から作りまくっていたので、製作の順番などはほとんど覚えていないのだが、最初に作った3つだけははっきり覚えている。それは
・初春型駆逐艦「有明」
・球磨型軽巡「多摩」
・高雄型重巡「愛宕」
である。
このうち「愛宕」はリニューアルされ、「有明」はラインナップから外れてしまった。だから現在でも同じ模型が手に入るのは「多摩」だけだ。
一番最初に「多摩」を作ったのはよかったのかもしれない(いや悪かったのか?)。
部品数は手ごろだし、シンプルな構造。それでいてモールドはシャープで見栄えがする。一見して難しそうな前檣も、それぞれの部品がぴたりと合ってきっちり仕上がる。このあたりはタミヤのよいところが発揮されている。さすがに古いキットだけあってバリが目立つが、考えてみれば半世紀近く前のキットでまだこの程度なら驚異のメンテナンス能力と言っていいだろう。

構造はシンプルだが建造には時間がかかった。ご他聞にもれず一時的に建造が中断していたため。
どうも三十一は船体の大まかなスプレー塗装が済んでから、細かいモールドを筆塗りし始めるまでの間に放置してしまうパターンが多いようだ。今回もそのパターンだった。スプレー塗装から筆塗りに移る間に、本人も意識していない見えない壁があるのかもしれない。ただ今回は再開しようとするタイミングで台風が来襲して窓を開けられなかったという事情もある。
今回は少し工夫して、塗装で手間のかかる部分を先にまとめて仕上げてしまうことにした。実は「塗装で手間がかかる部分」というのは艦載艇なのである。わりと細かい部品なのでランナーにつけたまま作業することが多かったのだが、今回は全部まとめて切り出して両面テープで持ち手(100均で買った割り箸だ)にとりつけ、その状態で作業を行なった。ちょっと大変だが、まとめていっぺんに作業した分全体の効率は上がったと思う。
艦載艇や煙突頂部など、塗装で気をつけなければいけない部分が済んでしまえば、あとはランナーに残ったパーツをスプレーでまとめて軍艦色で塗りつぶし、組み立てながら必要に応じてレタッチすれば済む。

実は、個々のフネの製作とは無関係に艦載艇をまとめて塗装してストックしておけばだいぶ楽になるだろうな、とも思ったのだが、肝心の「艦載艇をまとめて塗装」の作業自体が精神的にかなり厳しくなりそうなのでやめておこう。

|

« 有司専制 | トップページ | 運転免許証で入国できるアメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/61953323

この記事へのトラックバック一覧です: むかし神奈川県、いま東京都:

« 有司専制 | トップページ | 運転免許証で入国できるアメリカ »