« 「歴史認識とは何か」 | トップページ | 2015年8月の打ち上げ »

2015年8月28日 (金)

「加賀」もまだ二代目

いずも級ヘリコプター搭載護衛艦の2番艦、いわゆる 24DDH が今日進水して命名式が行われた。

「かが」だそうです。

ヘリコプター搭載護衛艦の命名ならびに進水式について」(ジャパンマリンユナイテッド)

三十一は二年前、「いずも」が命名されたときに艦名を予想して「ひたち」というのを挙げたけれど案の定見事にはずした。

旧国名に由来する艦名でかつて存在していたもの、という条件を設定して考えると実はほぼ「かが」(加賀)で決まりだろうというのはあらかたの予想通りである。
ためしに、この条件にあたるものを挙げてみると

陸奥、武蔵、相模、加賀、信濃、伊勢、山城、大和、河内、和泉、摂津、丹後、出雲、石見、安芸、周防、長門、肥前、日向、薩摩

と20を数える。なじみの少ない名前が混じっているが、多くは日露戦争で捕獲した旧ロシア海軍の戦艦だ。太平洋戦争当時在籍していたものに絞ると

陸奥、武蔵、加賀、信濃、伊勢、山城、大和、摂津、出雲、長門、日向

と11になる。このうち「伊勢」「日向」「出雲」は使用済み。残りは8つ。
「摂津」は標的艦に改造されて籍を残しており、日露戦争に参加したわけでもないので除こう。
「陸奥」「信濃」「山城」は縁起が悪いので選びにくかろう。残り4つ。
「大和」「武蔵」は本当の「とっておき」で、また命名は議論を呼びそうなので避けるだろう。

こうして見ると「長門」「加賀」しか残らない。

個人的には「長門」はいいんじゃないかと思うのだが、聯合艦隊旗艦としてあまりにも名が知られていたのでどうも避けたいという気持ちがあるらしい。このあたりは「大和」「武蔵」に準ずる扱いなのかもしれない。もうひとつ、今の安倍首相が山口県出身なので「ながと」とつけようという雰囲気になる可能性はある。しかしこれも首相が山口出身であることが逆の方向に働くことも考えられる。結論としては「長門」は避けておいたほうが無難だろう。

こうなるとみごとに「加賀」に絞られ、そしてその通りになった。「空母」つながりという関連もあることだし。

ただ「加賀」が上海事変とか日中戦争に参加したことを理由に中国が反発するんじゃないかという懸念が指摘されているけど、そんなことを言い出したらそもそも当時のフネと同じ名前はほとんどつけられなくなってしまう。たとえば隼級水雷艇なんかも対中国作戦に参加しているけど、海自のミサイル艇に「はやぶさ」と命名されたときに中国が文句を言ったという話は聞いていない。
だったら、かわりに「やまと」とでも命名すればよかったのかな。「大和」は対中国作戦とはほとんどかかわりが無かった。

そんなことより問題なのは、これで本当に在庫を使い尽くしてネタ切れになってしまったこと。
今後、「いずも」級に匹敵するようなフネができたときにどこから命名するのやら。
前歴に目をつぶって「信濃」を使うとか(個人的に「しなの」の響きは好き)。
あるいは旧国名でもこれまで使われてこなかった国名を使うとか。
それこそ「常陸」とか(諦めが悪い)。

|

« 「歴史認識とは何か」 | トップページ | 2015年8月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/62168816

この記事へのトラックバック一覧です: 「加賀」もまだ二代目:

« 「歴史認識とは何か」 | トップページ | 2015年8月の打ち上げ »