« せんそーはんたい | トップページ | 2015年9月の打ち上げ »

2015年9月27日 (日)

潜水艦に命名するには字足らず。

かつて 16DDH が計画されたころ、艦名として「ひりゅう」が選ばれるんじゃないかと言われていた。かつて活躍した空母にちなんで、ということだろう。活躍したというなら「ずいかく」のほうが活躍しただろうが平仮名にしてしまうとあまり字面が良くない。
実際には、16DDH は「ひゅうが」と命名され、ほぼ同時に建造された 16SS に「~りゅう」と命名されるようになった。ただし今のところ同型艦には「そうりゅう」「うんりゅう」「はくりゅう」「けんりゅう」「ずいりゅう」「こくりゅう」「じんりゅう」と来ていて、「ひりゅう」は選ばれていない。

というわけで今回は「飛龍」なのだが写真はない。理由はあとで。

ウォーターラインの「飛龍」はアオシマの担当なのだが、リニューアル前はちょっと不思議な製品だった。特に不思議だったのは、飛行甲板のモールドが木甲板ではなく砂目模様になっていたこと。ラテックス張りじゃあるまいし、戦前に建造された日本空母でそれはあり得ない。

今の製品はリニューアルされてそうした一見不思議なところは直され、全体のプロポーションも良く、丁寧に作ればきちんと仕上がる。

ただし、アオシマのキットを作るたびに思うのだが、特にタミヤと比べて細かいところが行き届いておらず、どうしても作りにくい印象が残ってしまう。
「飛龍」のキットでまず気づくのは、船底板が分離されておらず船体と一体化していること。これはこれで作りやすいと考えたのかもしれないが、水線部分を艦底色で塗るためにはマスキングをしなければいけない。目をつぶって軍艦色で塗りつぶしてしまうという方法もあるだろうが、ほかの模型と並べてみたときにバランスが悪い。これが意外に面倒なのである。
それから、これは「飛龍」に限らずアオシマのキットに言えることだがゲートが太くて多くて切りづらいところについている。よほど慎重に切らないと変なところに力がかかってパーツが破損してしまうようなところにゲートがあることが多い。上手に切断してきれいに処理をすればいいことではあるが、こうしたちょっとしたことが意外に初心者には難しい。
ゲートは単にランナーとパーツをつなげているだけではなく、成形材が流れている経路だということはもちろんわかっている。金型の隅々まで成形材を行き渡らせるためにはあの太さと数と配置が必要だ、ということなのだろうがタミヤやハセガワと比べると太すぎるし多すぎる。同じシリーズなんだからどうしても比べちゃうよね。

しかし前回から完成まで二ヶ月かかったのはそのせいではない。
今回は空母、ということで飛行甲板の塗装が済んだらデカールを貼るのだが、そのデカール貼りを始めるまで二ヶ月かかったのだ。スプレーから筆塗りに入るところと、デカール貼りを始めるところに三十一が意識していない謎の壁があってどうしても次に進めない。いや、ほかにやることもあるんだよ。ほかにやることもあるから、気がすすまない作業はついつい後回しになってしまうのです。

しかし「このままではいけない」と思い切ってシルバーウィークの間に一念発起してデカールを貼り、どうにか貼り終えたところでその上から塗るトップコートは切れていることに気がついた。とりあえず後回しにして組み立てを完了させ、その間に入手しておいたトップコート(つや消し)を全体にスプレーしてあとは乾けば完成、というところに二ヶ月以上かけてようやくこぎつけた。

しばらくベランダに出しておいて、「そろそろ乾いたかな」と見てみて愕然。
「デカールの上から塗れます」とうたっている水性トップコートを使っていたのに、デカールがボロボロに劣化して見る影もない。新品だったせいか必要以上にたっぷり吹いてしまって溶剤に冒されたらしい。どうにか修復できないかとしばらく悩んでみたがどうしようもなさそうだ。デカールを全部きれいに落として手で塗るか、あるいはデカールを部品請求してやりなおすか、という方法が考えられるのだが、そこまでするんならもうひとつ買って作り直したほうがいいだろう。というより、あまりにショックだったので今の時点でどうにかする気になれない。これはこれでいったん締めて、いずれその気になったらまた作ろう。

というわけで「飛龍」はいったん終了。次の制作に移る。
次の建造艦は決まっている。以前、「何か仕組みを考えたほうがいいだろうか」と書いたが、その「仕組み」を作ったのだ。入手済みのキットのリストを作って、ランダムに並べ替えて出力する、という仕組みだ。仕組み自体よりもリストを入力するほうが大変だった(700分の1スケールの艦船模型だけで200以上あった)。この結果はあくまで参考で必ず従わなくてはいけないものではないが、「どっちにしようかな」というときにこうした仕組みで順位を決めてくれる、というのは気分的にかなり楽になった。

アオシマではなくフジミの「飛龍」を買ってきました。いつ手をつけるかはサイコロのみぞ知る。

|

« せんそーはんたい | トップページ | 2015年9月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/62365262

この記事へのトラックバック一覧です: 潜水艦に命名するには字足らず。:

« せんそーはんたい | トップページ | 2015年9月の打ち上げ »