« 2015年9月の打ち上げ | トップページ | きゅうてんにどしー »

2015年10月19日 (月)

6年ぶりの北海道

夏休みです。

「もう夏じゃないだろ」という指摘はもっともだが、9月にとるつもりだった夏休みが延び延びになってこの時期になったので主観的には夏休みなんである。

これから次の夏休みの時期までに予定されている大きなイベントと言えば、来年3月26日の北海道新幹線開業だ。というわけでその前に在来線を使って津軽海峡を超えておくことにする。

さて夏休みに入って一日目の夜に時刻表を調べていたら「北海道フリーきっぷ」というのをみつけた。JR北海道が「北海道フリーパス」というのを出していて、今まで何度か使ったことがあるのだが、こちらは似て非なるものでJR東日本が首都圏からの往復乗車券コミで出しているものになる。
北海道のものは道内フリーエリアのみで26230円、東日本のものは東京都区内からの往復運賃を含んで30650円。東京から青森まで普通に買うと片道だけで10000円を超えるので東日本のほうがオトクに見える。だが実は通用期間が北海道の7日間に対して東日本が5日間。この5日間の中には東京と北海道を往復する日程が含まれているので、実際には道内フリーエリアだけに使える期間は半分くらいにしかならない。まあ今回に関して言えばあまり日程に余裕がないのでそれでも十分だろうと判断して東日本のきっぷを使うことにする。

ただこのきっぷには不満がふたつある。
まず、東京都区内から北海道への経路で途中下車ができないこと。一時は、これがネックになって使用をやめようかとも思った。このへんの事情はのちほど。
もうひとつ、発売期間が利用開始日の前日までで、当日は買えないこと。土曜の夜にこのきっぷを知ったのだが、日曜に買うことになったので今回の旅行の始まりが月曜になってしまった。
このほかにも「週末パス」とか「三連休パス」とか企画商品には前日までしか買えないものが見受けられる。どうしてこんな制限があるのか三十一には理解できない。当日買えるならもっと使う機会が増えるのに、三十一だけでも少なくとも数回は販売機会を逃しているのだということを知れ。

昼過ぎの「はやぶさ」で青森へ。本当はもう少し早い列車にしたかったのだが、全席指定の「はやぶさ」では空きがある最速がこれだった。立ち席というのも考えたが、そこまで無理しなくてもたどり着けるので次を待つことにした。仙台まで行けば空席ができるだろうから、それでもよかったんだけどね。

新青森からは「スーパー白鳥」で北海道に渡る。新青森からいったん青森駅へ。青森運転所付近で窓の向こうをよぎった車両を見て「あー、カシオペアだなー」と一瞬流しそうになったがよく考えたらここは青森だ。札幌でも尾久でもない青森になんでカシオペアがいるんだろう。北海道新幹線開業に備えた試運転に関連してるのかな。
蟹田を出ると三十一が車窓外を見る目は鋭くなる。普通の乗客ならまず気にしないであろう、津軽線と海峡線の分岐となる新中小国信号場を観察するためだ。中小国駅は見逃したが、どうやらこれが新中小国信号場らしいという施設が見つかったのだが、三十一の記憶にある新中小国信号場とは印象が異なる。「こんなだったかなあ」と思っていたら、目の前に北海道新幹線の高架橋があらわれ、海峡線の複線はその高架橋を挟み込むようにして合流する。以前海峡線に乗ったのは東日本大震災より前のことだったから、その頃からはだいぶ様相が変わっているようだ。ここからは三線区間となって北海道新幹線と線路を共有する。この先には「奥津軽いまべつ」駅が工事中なはずだ。この駅名は三十一の好みではないが正式に決まってしまったのでそう呼ぶしかない。このまま工事中の駅構内を通過するのかと思っていたら、駅の手前で在来線は本線から分岐して駅の外側を迂回する形になった。いまこの駅は営業していないはずなので、これでいいのだろう。新幹線開業後はどうするのかな。在来線の列車はこの駅に停車しないのでこのままなんだろうか。

青函トンネルを通過中、トイレに行く途中で見てみると大半の乗客は寝ていた。まあそりゃそうだよな。車窓からは何も見えないし。
トンネルを抜けたときにはもう暗いだろうと思っていたが、思いのほか明るかった。5時くらいまでは景色が見えることがわかって少し心強くなった。しかし木古内に着くころにはすでに真っ暗。函館山もまったく見えない。函館には定時到着。覚悟はしていたがやはり寒かった。

本日の旅程:
上野(1226)→新青森(1529) 3019B
新青森(1539)→函館(1755) 4019M

|

« 2015年9月の打ち上げ | トップページ | きゅうてんにどしー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/62510309

この記事へのトラックバック一覧です: 6年ぶりの北海道:

« 2015年9月の打ち上げ | トップページ | きゅうてんにどしー »