« アイドリングストップ | トップページ | 2015年11月の打ち上げ »

2015年11月20日 (金)

2015年12月の桜

12月1日付の人事異動が発表になった。まだ10日以上あるので何でか随分手回しがいいなあと思ったのだが何か事情があるのだろうか。

今回の将の異動は空2、海1でそれほど規模は大きくないが空幕長の交代があった。

(空)
齊藤治和 (B22) 空幕長 -> 退職
杉山良行 (B24) 空総隊司令官 -> 空幕長
福江広明 (B25) 空支団司令官 -> 空総隊司令官
小城真一 (B26) 装庁装備官 -> 空支団司令官
橋本尚典 (B27) 空幕装計部長 (MG) -> 装庁装備官

半澤隆彦 (B24) 空教団司令官 -> 退職
森本哲生 (B25) 空幕副長 -> 空教団司令官
丸茂吉成 (B27) 西空司令官 -> 空幕副長
山田真史 (B28) 空幕運支部長 (MG) -> 西空司令官

(海)
井上力 (B24) 横総監 -> 退職
堂下哲郎 (B26) 舞総監 -> 横総監
菊地聡 (B28) 海幕総務部長 (RA) -> 舞総監

以前、候補としては24期の杉山・半澤両空将のどちらか、と言っていたので的中した。しかしあたったとしても、想定される範囲の予想をすべて挙げてるだけなので自慢にならない。サイコロを振ったら奇数の目か偶数の目のどっちかが出るでしょう、と言ってるようなものだ。

海のほうでは、横須賀総監の井上海将が勇退したのでこれで24期生がいなくなり、次の海幕長は25期生の中から出ることが確定した。具体的には呉総監の池田徳宏海将、自衛艦隊司令官の重岡康弘海将、海幕副長の村川豊海将の3名の誰か、ということになる。この際なので単勝一点買いで予想してみよう。部外者の三十一はそれぞれの人物をまったく知らないので判断材料は経歴だけ。将補以降の略歴を掲げる。

池田海将
06年 将補、第1護衛隊群司令。
07年 統幕指揮通信システム部長。
09年 大湊総監部幕僚長。
10年 海幕防衛部長。
12年 将、護衛艦隊司令官。
14年 佐世保総監。
15年 呉総監(現職)。

重岡海将
06年 将補、第2航空群司令。
08年 海幕総務部長。
09年 防衛監察本部監察官。
11年 佐世保総監部幕僚長。
12年 将、航空集団司令官。
14年 海幕副長。
15年 自衛艦隊司令官(現職)。

村川海将
08年 将補、海幕総務部副部長。
09年 阪神基地隊司令。
10年 第4術科学校長。
11年 海幕人事教育部長。
13年 将、補給本部長。
15年 海幕副長(現職)。

遺憾ながら村川海将の経歴は池田・重岡両海将に比べるとやや見劣りする。昇進も少し遅れている。ここで二人に絞ろう。

両海将の経歴は甲乙つけがたい。池田海将は防衛畑、重岡海将は管理畑の色が感じられるがそれほど極端なものではないし、どちらが有利というものでもない。厳密に言うと将への昇進が同じ2012年の中で半年ほど池田海将のほうが早い(7月26日 対 12月4日)がこれがどれくらい影響するものかはわからない。多少は影響するかもしれないが決定的なものではないように思う。
明らかにわかる違いとしては、池田海将は船乗りで重岡海将は飛行機乗りだということだ。海自では飛行機乗りより船乗りのほうが偉い、というわけではないがやはり船乗りのほうが所帯が大きいだけあって歴代の幕僚長にも船乗りが多い。最近では3代前の赤星幕僚長が飛行機乗りの出身になる。

では現在の職は何か影響するか、と考えて歴代の呉総監を見てみたところ、なんと呉総監から海幕長になった例はひとつもない、という事実が発覚した。つまり池田海将は絶望か、というと実はそういうわけでもなく、前職である佐世保総監からの海幕長は意外に例が多いのである。キャリアパスがある程度できあがったであろう1970年代以降で数えてみると、6名の佐世保総監が海幕長に転じている。この数は自衛艦隊司令官から海幕長になった例と同じなのだ。こうしてみるとこれまでの事例からは、佐世保総監と自衛艦隊司令官のどちらが有利とも言えない。ところで呉総監と佐世保総監は、キャリア上は実質的にほぼ同レベルと考えていいだろう。呉から佐世保、佐世保から呉という異動の事例が非常に少ないことからもそれが伺える。地方総監としては大湊と舞鶴が一番下、次に呉と佐世保が来て、横須賀がひとつ抜けているという形になる。ほぼ同格の呉と佐世保で海幕長への事例の数に大差があるのはめぐり合わせだろうか。呉総監から自衛艦隊司令官になった数と、佐世保総監から自衛艦隊司令官になった数には大差がない(呉7、佐世保6)。

そろそろ結論に移ろう。
三十一の予想は呉総監の池田海将。
今の海自で、頂点のポストといえば海上幕僚長と自衛艦隊司令官と横須賀地方総監の3つだ。この3つを並べてみるともちろん海幕長が頭ひとつ出ているが、幹部海上自衛官としてこの3つのうちひとつでも勤めれば「充分だろう」と言われても仕方がない。上のほうで同じ人物がこれらのポストを「たらいまわし」にしていたら下から「後がつかえる」と不満が出かねない。こうした事情で自衛艦隊から海幕長という事例が意外に少ないのかもしれない。

所詮、部外者のたわごとに過ぎないのであまり真に受けないように。海幕長の交代は来年の夏頃だろうか。鬼が笑うような話だ。

|

« アイドリングストップ | トップページ | 2015年11月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/62718018

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年12月の桜:

« アイドリングストップ | トップページ | 2015年11月の打ち上げ »