« トップの殉職 | トップページ | 2016年1月の打ち上げ »

2016年1月29日 (金)

吉川弘文館「日本中世の歴史」全7巻


2009年頃に出たシリーズなのだが、三十一は昨年の11月頃から読み始めてつい先日読み終えた。いちおう一般向けというカテゴリではあるようなのだが、だからと言ってお気楽に読めるというような本でもない。ある程度はこの種の本を読み慣れていて、かつ最低限の基礎知識は持っている必要がある。少なくとも今はやりの「歴女」が喜んで読むような本ではなかろう。

古典的な時代区分では、日本史において「中世」とは鎌倉幕府の成立から戦国時代の終わりまたは江戸幕府の成立までとするのが一般的なようだ。しかし本シリーズではカバーする範囲を院政の始まりから鎖国の完成までとやや広くとっている。終期はともかくとして、日本史において「中世」の始まりを院政期におくのは学界でかなり広く支持されている見方だと言えるだろう。なぜならば、中世をもっともよく特徴づける要素として挙げられるのがいわゆる「荘園公領制」であり、「荘園公領制」が院政期に急速に成立してきたことは明らかだからだ。中世期に存在していた荘園の成立時期を検証したところ、圧倒的多数が院政期に成立したことがわかっている。日本史上では古代とされている摂関期に、摂関家の財政を支えた機能としてしばしばいわゆる「寄進系荘園」の集積が挙げられるがこれは実際には誤りで、当時の権門貴族の財政を支えたのは請負国司制、つまり「受領制」だ。受領の収奪対象であった国衙領が荒廃して収益が求められなくなるという事態に際して、自らの収益だけでも確保しておきたいという動機から受領の収奪に遭わない私領として成立したのが荘園であり、「本所」と呼ばれた荘園領主となったのが院(天皇家)や貴族、寺社などの諸権門であり、こうした荘園公領制に支えられた諸権門(のちには武家も権門に数えられるようになる)の並立が日本史における中世の本質的な構造だと考えられている。摂関期と院政期では、社会上層の登場人物の顔ぶれにはそれほど大きな違いはないが、彼らの生活を支える社会の基礎構造が大きく変わっているのである。

そして中世を象徴する言葉が「自力救済」だ。中世は「自力救済の時代」とも言われ、いわば剥き出しの個(「私」と言ってもいいだろう)がそれぞれの権益をめぐって直接ぶつかり合う時代である。「公」と「私」の力関係で言えば、古代は「私」が未発達で相対的に「公」が有利な立場にあり「公」が「私」を従属させていたのに対し、中世にはいると「私」の発達に「公」が追いつかず、立場としては対等な「私」がぶつかり合うバランス・オブ・パワーにしたがって社会が動いていた。この「私」を編成しなおして上位構造である「公」という概念を設立し、その統制(あるいは管理)下で「私」が活動する時代が近世と言えるだろうか。
中世中期から後期にかけて、各地で「一揆」が盛んに結成された。現代の目からでは「一揆」というとまず「農民一揆」を思い浮かべるかもしれないが、「一揆」とはもともと対等な構成員が集まってある目的のために同盟する(揆を一にする)ことで、構成員は農民に限らないし目的は領主への反抗に限らない。初期の「国人一揆」は、在地の小領主である「国人」が停戦協定を結んだり、外部勢力への対抗のために同盟したりしたものだ。こうした「一揆」はいわば下から「私」を再編成しようとする動きといえるだろう。
一方で中世も後期に入ると「公儀」という言葉が使われるようになる。文字通り「公の儀」ということだが、誰しもがひとしく従うべき共通の義務、とでも言い換えられるだろうか。これまで誰からの制約もうけず独立して活動してきた「私」にとって大きな傘がかけられたようなものだ。一定の保護を受けられるようになった代償として義務も負うようになる。近世に入ると「公儀」という言葉は徳川将軍家や各藩の藩主とその権力を示すことになる。「公儀」概念の進展にしたがって「故戦防戦令」がしばしば出されるようになる。「故戦」とは私闘を仕掛けること、「防戦」とは仕掛けられた私闘に応戦することで、「故戦」側に罰を科し、「防戦」側にも事情によって罰を与えることを定めた。これは私闘を制限することで「自力救済」を否定しようとする試みとも言えるだろう。やがてこれが事情の如何にかかわらず私闘を禁止する「喧嘩両成敗」に発展していく。「喧嘩両成敗」とはきわめて近世的な発想に基づくものなのだ。こうした動きは上から「私」を再編成しようとしたものと評価できよう。

さてシリーズを読み終えて改めて今自分が生きている時代を振り返ってみると、「公」「私」の力関係はむしろ中世に近いものがあるような気がする。もちろんあからさまな私闘が許されるわけではないが、「自力救済」のために中世から何か学ぶことができただろうか。

|

« トップの殉職 | トップページ | 2016年1月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/63138527

この記事へのトラックバック一覧です: 吉川弘文館「日本中世の歴史」全7巻:

« トップの殉職 | トップページ | 2016年1月の打ち上げ »