« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月14日 (日)

「火星の人」/「オデッセイ」

この週末に映画を見に行こうと思っていたのだが、春の嵐が吹き荒れて出かけるのに躊躇してしまった。まだ風は強いようだが雨はやんだので思い切って出撃。

原作はハヤカワ文庫から出たときにすぐ買って、わりと早いうちに楽しく読み終えた。その後、原語版を Kindle で読み続けていて、そちらも読み終えたら感想を書こうと思っていたのだが、読み終える前に映画が公開されてしまった。
原作のあとがきで「映画化進行中」という情報を得たときには、正直言って不安しかなかった。この内容を映画の長さに収めるのは無理だろうと思ったのだ。もし無理やり詰め込もうとすると、似ても似つかない内容になってしまうだろう。この小説の真髄であるハードさが影を潜め、エンターテインメントが前面に出てしまっては台無しだ。

結論として、映画ではいくつかキーになるエピソードが省略されていたがストーリーのアウトラインは原作をほぼ踏襲していたようである。中国のロケットが救援用に使用されるようになった経緯と、火星と地球の連絡手段になっていたパスファインダーを壊してしまうくだりが省略されていた。それでも全体的に駆け足になってしまっている印象はぬぐえない。上映館を調べているときに目に入った感想に「わざわざ中国の力を借りなくてもいいのに」というのがあったが、そもそも現代の宇宙開発における中国の存在感の大きさを認識していない(ちなみに原作にも日本はまったく出てこない)のだろうけど、重力カタパルトのために地球近傍をフライバイする宇宙船エルメスに補給品を届けるためには並みのロケットではその速度に追いつけないということが映画の中でちゃんと説明されていないのが大きな原因のひとつだろう。とにかくこうした説明がされずに派手なエピソードをつぎはぎにした感が否めない。そういう意味では不安は的中したわけだ。三十一は原作を読んでいるから主人公やその他の登場人物のそれぞれの行動の理由づけがわかるが、予備知識なしに映画だけ見た人には消化不良だったのではなかろうか。

個人的には、テレビシリーズなどで十分時間を使ってドラマ化してほしい。特撮は多少チャチでもいいからさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

誰がためのトロフィー

三十一の1年は9月に始まる2月に終わる、と書いたことがあるけれど、もう少し細かく考えてみると3つの季節に分けられるようだ。
すなわち9月から12月、1月、そしてそれ以外だ。
9月から12月までは毎週毎週10試合程度のゲームを見続ける生活になる。平均して一試合は3時間前後。これを7日間に割り振ると少なくとも毎日4時間がノルマとなる。正直なところ、すべて真剣に観ているわけにはいかないので環境ビデオのごとく流しっぱなしとなる。
1月から2月の最初の週まではプレイオフになる。プレイオフは各週ごとに多くて4試合、しかも三十一は基本的に生中継で観ることにしている。日本時間で明け方になることもある生中継を観るのはけっこうきついが、週末に全試合を生で観戦してしまえば他に観るべき試合はない。平日は時間が空いてしまうのだ。
そして残りの時期はもちろん試合はない。実はこの時期三十一はフットボールとはほとんど無縁の生活になる。雑誌も読まないしサイトのニュースも見ない。憶えていれば5月のドラフトくらいは観るがこれもけっこう忘れてしまう。7月ごろからHDDレコーダーの内容をDVDにダビングして空き容量を作るという作業が始まって少し気分が出てくるが、ちゃんと切り替わるのは9月に入って実際に試合が始まってからになる。
ここ10年くらいずっとこういうサイクルで1年が過ぎていく。

そして今日、2015年が終わった。
われらが Denver Broncos は2年ぶりにスーパーボウルに出場し、そして17年ぶり3度目の勝利を得た。
一昨年のシーズンではレギュラーシーズン 13勝 3敗と圧倒的な勝率でプレイオフに進出し15年ぶりにスーパーボウルにたどりついたものの、Seattle Seahawkes に 43 - 8 で惨敗した。調子が良かっただけに落胆も大きかった。
今年は逆に、勝ち星はそこそこ重ねたものの大半の試合は薄氷を踏むようなぎりぎりの勝利で、どう身贔屓に観てもわかりやすい「強い」チームとは言えなかった。守備の堅さに頼ってどうにか勝っているという印象だった。だから三十一ですら正直期待していなかったのが実態で、地区優勝してプレイオフに進むことができれば上出来と思っていたのだ。

しかし奇跡的に Denver Broncos はスーパーボウルにたどりついた。自分の中の冷静な部分は圧倒的に相手の Carolina 有利と判断しているが、やはり気持ちのどこかに期待する部分が残っていた。
オフェンス力で Denver は明らかに見劣りしているから、可能性を見いだすためにはロースコアゲームに持ち込むしかない。具体的に言うと、リーグ1位の Carolina のオフェンスを止めることが必要になり、そのためには QB の Cam Newton にいかにしてプレッシャーをかけるかが鍵になる。わが Denver の両サイドの OLB、Von Miller と DeMarcus Ware のパスラッシュが QB に届くようなら希望はある。
そして試合が始まって8分半、それまで止められていた Von Miller のラッシュが QB に届いてファンブルを引き起こし、エンドゾーンでリカバーしてタッチダウンを獲ったときに三十一は初めて「ひょっとしたらいけるかもしれない」と思えてきた。
その後、Denver のオフェンスが思ったように進まない時間帯が長く続いたが、その一方で Ware と Miller のプレッシャーによって Carolina のオフェンスも進まないという期待したようなロースコアゲーム
ただ、オフェンスが進まないまでも Denver が FG を重ねてじりじりと差を広げることができたのはスペシャルチームの働きによって比較的有利なフィールドポジションから始めることができたからだ。

結果、相手の得点を 1 TD、1 FG の 10 点に抑えた Denver が 2 TD、3 FG で 24 点を獲って勝利した。

試合後のセレモニーを観ながら、三十一は18年前に Denver が初めてスーパーボウルに勝ったときの光景を思い出して感無量だった。
18年前、オーナーの Pat Bowlen がロンバルディ・トロフィーを掲げながら「この4つの単語だけを言いたい。 This one for John !」と言ったシーンをはっきり憶えている。当時 15年目、4度目のスーパーボウル出場で初めて勝利した QB John Elway に勝利を捧げたのだ。
あれから18年、かつての QB John Elway は GM として今日の勝利セレモニーに臨み、ロンバルディ・トロフィーを掲げて「This one for Pat !」と叫んだ。オーナーの Pat Bowlen は病気療養中で会場を訪れることができず妻が代理で出席したのだ。Elway によってはかつての恩返しというったところだろう。
三十一は18年前の光景をはっきり覚えているからこの「4つの単語」がどういう意味を持っているのかすぐにわかったが、Denver ファンというわけでもない解説者にはわからなかったようだ。まあしょうがないか。

こうして三十一の2015年は終わった。17年来の、これ以上ない終わり方ではあった。
しかし、来年はどうかというと正直心許ない。QB は Manning なのか、Osweiler なのか、あるいはどちらでもない誰かか。もし Manning で行くなら身体能力はどのくらい回復するのか。OL のメンバーは固定できるのか。今季ドロップが目立ったレシーバー陣の改善はできるのか。さすがに奇跡は2年も続かないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

2016年1月の打ち上げ

1月は5件。ロシア、アメリカ、中国、ヨーロッパ、インドが綺麗に1件ずつ。

15日 GMT16:57:04 西昌/長征3B (Belintersat 1)
17日 GMT18:42:18 バンデンバーグ/ファルコン9 (Jason-3)
20日 GMT04:01 スリハリコタ/PSLV (IRNSS-1E)
27日 GMT23:20:48 クールー/アリアン5 (Intelsat 29e)
29日 GMT22:20:09 バイコヌール/プロトンM (Eutelsat 9B)

昨年の最後の打ち上げは長征3B だったが、今年最初の打ち上げも長征3B となった。
とは言え、話題になりそうなのはそれくらいで、打ち上げ機もペイロードもそれほど目新しいものはない。

Orbital Launch Chronology

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »