« 2016年1月の打ち上げ | トップページ | 「火星の人」/「オデッセイ」 »

2016年2月 8日 (月)

誰がためのトロフィー

三十一の1年は9月に始まる2月に終わる、と書いたことがあるけれど、もう少し細かく考えてみると3つの季節に分けられるようだ。
すなわち9月から12月、1月、そしてそれ以外だ。
9月から12月までは毎週毎週10試合程度のゲームを見続ける生活になる。平均して一試合は3時間前後。これを7日間に割り振ると少なくとも毎日4時間がノルマとなる。正直なところ、すべて真剣に観ているわけにはいかないので環境ビデオのごとく流しっぱなしとなる。
1月から2月の最初の週まではプレイオフになる。プレイオフは各週ごとに多くて4試合、しかも三十一は基本的に生中継で観ることにしている。日本時間で明け方になることもある生中継を観るのはけっこうきついが、週末に全試合を生で観戦してしまえば他に観るべき試合はない。平日は時間が空いてしまうのだ。
そして残りの時期はもちろん試合はない。実はこの時期三十一はフットボールとはほとんど無縁の生活になる。雑誌も読まないしサイトのニュースも見ない。憶えていれば5月のドラフトくらいは観るがこれもけっこう忘れてしまう。7月ごろからHDDレコーダーの内容をDVDにダビングして空き容量を作るという作業が始まって少し気分が出てくるが、ちゃんと切り替わるのは9月に入って実際に試合が始まってからになる。
ここ10年くらいずっとこういうサイクルで1年が過ぎていく。

そして今日、2015年が終わった。
われらが Denver Broncos は2年ぶりにスーパーボウルに出場し、そして17年ぶり3度目の勝利を得た。
一昨年のシーズンではレギュラーシーズン 13勝 3敗と圧倒的な勝率でプレイオフに進出し15年ぶりにスーパーボウルにたどりついたものの、Seattle Seahawkes に 43 - 8 で惨敗した。調子が良かっただけに落胆も大きかった。
今年は逆に、勝ち星はそこそこ重ねたものの大半の試合は薄氷を踏むようなぎりぎりの勝利で、どう身贔屓に観てもわかりやすい「強い」チームとは言えなかった。守備の堅さに頼ってどうにか勝っているという印象だった。だから三十一ですら正直期待していなかったのが実態で、地区優勝してプレイオフに進むことができれば上出来と思っていたのだ。

しかし奇跡的に Denver Broncos はスーパーボウルにたどりついた。自分の中の冷静な部分は圧倒的に相手の Carolina 有利と判断しているが、やはり気持ちのどこかに期待する部分が残っていた。
オフェンス力で Denver は明らかに見劣りしているから、可能性を見いだすためにはロースコアゲームに持ち込むしかない。具体的に言うと、リーグ1位の Carolina のオフェンスを止めることが必要になり、そのためには QB の Cam Newton にいかにしてプレッシャーをかけるかが鍵になる。わが Denver の両サイドの OLB、Von Miller と DeMarcus Ware のパスラッシュが QB に届くようなら希望はある。
そして試合が始まって8分半、それまで止められていた Von Miller のラッシュが QB に届いてファンブルを引き起こし、エンドゾーンでリカバーしてタッチダウンを獲ったときに三十一は初めて「ひょっとしたらいけるかもしれない」と思えてきた。
その後、Denver のオフェンスが思ったように進まない時間帯が長く続いたが、その一方で Ware と Miller のプレッシャーによって Carolina のオフェンスも進まないという期待したようなロースコアゲーム
ただ、オフェンスが進まないまでも Denver が FG を重ねてじりじりと差を広げることができたのはスペシャルチームの働きによって比較的有利なフィールドポジションから始めることができたからだ。

結果、相手の得点を 1 TD、1 FG の 10 点に抑えた Denver が 2 TD、3 FG で 24 点を獲って勝利した。

試合後のセレモニーを観ながら、三十一は18年前に Denver が初めてスーパーボウルに勝ったときの光景を思い出して感無量だった。
18年前、オーナーの Pat Bowlen がロンバルディ・トロフィーを掲げながら「この4つの単語だけを言いたい。 This one for John !」と言ったシーンをはっきり憶えている。当時 15年目、4度目のスーパーボウル出場で初めて勝利した QB John Elway に勝利を捧げたのだ。
あれから18年、かつての QB John Elway は GM として今日の勝利セレモニーに臨み、ロンバルディ・トロフィーを掲げて「This one for Pat !」と叫んだ。オーナーの Pat Bowlen は病気療養中で会場を訪れることができず妻が代理で出席したのだ。Elway によってはかつての恩返しというったところだろう。
三十一は18年前の光景をはっきり覚えているからこの「4つの単語」がどういう意味を持っているのかすぐにわかったが、Denver ファンというわけでもない解説者にはわからなかったようだ。まあしょうがないか。

こうして三十一の2015年は終わった。17年来の、これ以上ない終わり方ではあった。
しかし、来年はどうかというと正直心許ない。QB は Manning なのか、Osweiler なのか、あるいはどちらでもない誰かか。もし Manning で行くなら身体能力はどのくらい回復するのか。OL のメンバーは固定できるのか。今季ドロップが目立ったレシーバー陣の改善はできるのか。さすがに奇跡は2年も続かないだろう。

|

« 2016年1月の打ち上げ | トップページ | 「火星の人」/「オデッセイ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/63184573

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がためのトロフィー:

« 2016年1月の打ち上げ | トップページ | 「火星の人」/「オデッセイ」 »