« Y染色体 vs イエ | トップページ | 山とキハ120 »

2016年9月25日 (日)

64分の60

昼前の新幹線で西へ向かう。

一昨年の夏休みは四国、去年は北海道だった。順番というわけではないが、今年はわりと早い段階で西へ行こうと決めていた。
一昨年の四国で、陸続きになっているすべての都道府県、つまり沖縄を除く46都道府県のすべてに足を踏みいれてひとつの目標を達成してしまった。
国内の非電化鉄道をすべて踏破するという壮大な目標はあるのだが、それはいわば努力目標であって、実際に達成できるとは考えていないし、正直どこから手をつけていいのかわからない。そこでもう少し現実的な中間目標を設定することにした。それが「律令制国の全踏破」である。
実際には、全都道府県を踏破した時点でかなりの「律令制国」はすでに踏破済みである。改めて数えてみたところ、島部を除くと未踏破なのは4ヶ国(あいまいなものも含む)に過ぎない。しかしこの4ヶ国はいずれも意識して目的地にしないと踏破できない国々であった。さすがに生き残った精鋭だけのことはある。
具体的にこの国名を挙げると、志摩国、和泉国、美作国、石見国となる。ちなみに島まで含めるとこれに佐渡、隠岐、対馬が加わる。壱岐は高校の修学旅行で踏破済み。機会があれば島のほうにも行ってみたいと思っている。
さて未踏破の4ヶ国のうち和泉国は実は不確実だ。幼稚園年長組だったころ、当時大阪府下に住んでいた三十一は父親が勤めていた会社の保養所があった南紀白浜に旅行に行ったことがある。そのころ父も母も運転免許をもっていなかったので国鉄(JRではない)を使って往復したのはほぼ確実で、だとすると途中で和泉国を間違いなく通過しているはずなのだが、いかんせん全く記憶がない。踏破済みのうちに入れてしまおうかとも思ったのだが、いちおう未踏破のほうに入れておくことにする。

未踏破4国のうち、和泉は大阪まで行ってしまえば少し足を伸ばすのは難しいことではないし、不確実なので後回しにしてもいいだろう。
志摩国について考えると近くに伊勢神宮があったり、また鉄道に関していうと紀伊半島はかなり手薄で、こうした目標がなかったとしてもいずれ乗りに行きたいと思っていた。近鉄から独立した四日市あすなろう鉄道も興味深い。こうした目標とセットにして日程を組むのもありではある。

しかしやはり遠いほうから先にやっつけるべきだろう。非電化路線の西の雄ともいうべき山陰本線の西半分がまるまる未乗車で残っているし、その行き帰りのどちらかで津山の鉄道博物館に寄り道すれば美作も石見も踏破できる。そんな心づもりをしていた今年の夏休み、出発の直前になって大きなニュースが飛び込んできて修正を余儀なくされる。鉄な人には見当がつくだろうが、具体的には後日。

ちなみにタイトルの64の中には島部は含めていない。

本日の旅程:
東京(1150)→岡山(1515) 109A

|

« Y染色体 vs イエ | トップページ | 山とキハ120 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/64255846

この記事へのトラックバック一覧です: 64分の60:

« Y染色体 vs イエ | トップページ | 山とキハ120 »