« 南関東鉄道青空線 | トップページ | 2016年11月の打ち上げ »

2016年11月27日 (日)

2016年10月の打ち上げ

なんかだいぶ間が空いてしまいました。

遅い夏休みからこっち、どうも脳内が鉄道モードになっていたようでそちらにかまけていてなかなか手がつけられませんでした。実はその後にも鶴見線に乗りにいったり山岳路線に乗りにいったりしていたのですが、あまりいい写真が撮れなかったので詳しくは載せません。

5日 20.30GMT クールー/アリアン5 (GSAT-18)
16日 23.30.31GMT 酒泉/長征2F (神舟11)
17日 23.45GMT ワロップアイランド/アンタレス (CRS OA-5)
19日 08.05GMT バイコヌール/ソユーズ (Soyuz MS-02)

Orbital Launch Chronology

さて先月は4件と少なめだが有人が2件あるのはもちろんロシアと中国だ。同じ月に有人の打ち上げが複数回あったのは調べてみると2010年4月にまでさかのぼる。スペースシャトル退役以前で、Soyuz TMA-18 と STS-131 Discovery だ。ちなみにこの Discovery には山崎直子が搭乗していた。

今月は中国がらみでいろいろと話題がありそうだが、三十一の視点では先月のトピックはアンタレスの打ち上げ。2年前の失敗以来になるのだが、メインエンジンは NK-33 (AJ-26) から RD-181 に置き換えられている。ほぼ同大、同性能のエンジンとは言え2年間で実飛行にまでこぎつけたというのは非常に早い。もっとも置き換え計画自体は事故の前からあったのでそれを加速したということだろう。

ロシア製(正確にはウクライナだが)のエンジンを使用することへの懸念から、アメリカでは代替となるべきエンジンの開発が始まっているが、まだ実用には至らないということだろう。

来月はできるだけ遅れないようにしたいと思いますが、あてにしないでください。

|

« 南関東鉄道青空線 | トップページ | 2016年11月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/64552467

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年10月の打ち上げ:

« 南関東鉄道青空線 | トップページ | 2016年11月の打ち上げ »