« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

なんとかファースト

トランプ大統領の「アメリカファースト」を「国益第一主義」と言って批判する人がいるが、それぞれの国が自国の利益を追求するのは当たり前で、それを否定するのは天に唾するような所業でしかない。問題は「国益」をどう考えるかだ。
1930年代の国際不況への対応として生まれたのが主要国によるブロック経済化の試みだ。自国を中心として一定の原産地と市場を囲いこみ、域外の勢力を排除することで経済的に自立しようとしたこの試みはしかし、排除された勢力の不満を強めて最終的に世界大戦にいたった。こうしたブロック経済化は短期的には効果があっても長期的には不安定化を引き起こす、という理解と反省の上に立って、戦後の西側世界は自由貿易を基礎とする国際協調主義をとってきた。
つまり、長期的には「自由貿易」と「国際協調」が自国の利益になるという認識を西側諸国は共有しており、その盟主がアメリカだったのだ。基本的にこの認識は今でも変わっていない。問題は「長期的な利益」よりも「短期的な見返り」を求める浮動層の意向を政治が無視できなくなってきていることだ。浮動層の母体は中間階級だ。はっきりと上層階級あるいは下層階級に属しているなら求めることは明確になりやすい。どっちつかずの中間階級がその時々の情勢や空気に流されて揺れ動く。皮肉なことに、「自由貿易」と「国際協調」に支えられて成長してきた経済が産んだ中間層自身が、自らの母体となった条件を壊そうとしている。

テレビで誰かが触れていたが、ナショナリズム Nationalism と民主主義 Democracy とポピュリズム Populism の語幹である Nation、Demos、Popul はいずれも「民衆」を意味し、つまりこれらは紙一重の違いしかないということでもある。古代ギリシャの民主主義が衆愚政治にとってかわられたように、民主主義がポピュリズムに陥ろうとするベクトルは常に存在する。ポピュリズムに陥らないためにもっとも重要なのは突き詰めれば「教育」ということになるだろうが、短期的な見返りを求める立場からすれば迂遠に過ぎるとしかみられない。堂々巡りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

2016年の終わり

2016年が終わって早くも一週間あまりになる。もちろん三十一にとって「年が終わる」とは「スーパーボウルが終わる」ことを意味する。

昨シーズン優勝したわがデンバーは、今シーズンはプレイオフ進出を逃した。それ自体は想定された範囲内で、攻撃の大黒柱であるマニングが引退した穴は非常に大きく、新人のシーミアンには埋め切れるはずがない。だが、プレイオフにたどりつくチャンスが無かったわけではなかった。地区優勝は無理にしても、ワイルドカードの可能性はあったのだが、シーズンも後半に入った第12週、同地区のカンサスシティーとの直接対決、延長戦で無理なフィールドゴールを狙ってはずし、あげくサヨナラ負けを食らって後退し、これが響いて最終的にプレイオフを逃した。この試合を観戦していた三十一は珍しく怒り狂った。外したキッカーではなく、フィールドゴールを指示したヘッドコーチのキュービアクにだ。フィールドゴールを狙って外した場合、キックした地点から相手の攻撃となる。つまり相手にいいポジションを与えてしまうのだ。延長戦で点をとられたら負け、しかもシーズン終盤のこれ以上負けを増やすことが許されない状況でなぜこの判断をしたのか。実際、アメリカ現地のメディアもこの判断を批判した。それでも三十一は、シーズン後にキュービアクが解雇されるようなことはないだろうと思っていた。去年はスーパーボウルで優勝、今年はプレイオフを逃したものの星勘定だけ見るとあと一歩、という成績ではチーム側からの解雇はできない。
ところがキュービアクはシーズン終了後みずから引退を申し出た。もともとヒューストン時代に試合中に倒れたこともあり、健康面で不安があったことは確かだ。スーパーボウルもとったし、今年はいろいろ批判もされたので嫌気がさしたのだろうか。いずれにせよ、激務のヘッドコーチは心身ともに健康でないと勤まらない。
キュービアクの後任は、マイアミの守備コーディネーターだったバンス・ジョセフ。マイアミは長年弱小チームだったが今シーズンはひさしぶりにプレイオフに進出した。現在のデンバーの看板は間違いなく守備なので、守備畑のヘッドコーチがいいと考えたのかもしれない。攻撃の再建にはしばらく時間がかかるだろう。GMのエルウェイは、「QBは懸念点ではない」と述べて今後もシーミアンがエースであると言明したが、そうした言明が必要になるということはつまり少なくとも周囲は懸念点になり得ると考えている証拠でもある。

わがデンバーの話はこれくらいにして、今年のスーパーボウルは51回の歴史に名を残す試合になった。
スーパーボウルの名試合といえば、1988年シーズンにサンフランシスコのモンタナが演じた逆転劇(いわゆる「ザ・ドライブ」。三十一はこの試合を生中継で観戦したのが自慢)と、最近では一昨年の、エンドゾーン間際の奇跡のインターセプトで勝利したニューイングランドが双璧だと思うのだが、今年の試合もいかにもブレイディらしい逆転劇となった。
前半を21対3で終えたときも、後半に入って最初のタッチダウンを決められて28対3になったときも、三十一はまだ結果はわからないと思っていたが、その次にニューイングランドがタッチダウンを決めたもののそのあとのPATを外したときに、三十一は試合が決まった気がした。わずか1点のことだが、こういう失敗をめったにしないのが本来のニューイングランドである。本来のニューイングランドであればまだ逆転が期待できるのだが、今日はどこかおかしいぞと思ったのである。
ところがニューイングランドは三十一の想定のさらに上を行った。このあとさらにフィールドゴールを決めて28対12とし、計算上は2本差となった。しかしこの2本差はあくまで計算上のもので、タッチダウンを2回とってしかも両方で2点コンバージョンを決めなくてはいけない。2点コンバージョンの成功確率は多分半分以下だと思うが、それを2回連続で成功させるというのはさらに可能性が低い。しかもその間、相手に得点されてはいけないのだ。「もしできたら奇跡だ」と思った三十一だが、ニューイングランドは見事やってのけ残り1分を切った時間帯で同点に追いつきスーパーボウル初の延長戦に持ち込んだ。そしてサヨナラタッチダウンを決めて2年ぶり5度目の優勝を果たした。
2001年シーズン以来、ニューイングランドはスーパーボウルに7回出場して5回勝っている。これまでの試合は勝ち負けいずれにせよすべて4点差以内という、アメフトでは最少得点差と考えていい点差の競った試合を演じてきた。今年の試合は最終的には6点差になっているが、延長戦を除く通常時間帯では同点で終わっているのでこの記録がさらに延長されることになった。
一昨年優勝したときにはブレイディの優勝はこれが最後になるかもしれないと思ったが、今年39才になったブレイディは衰えを感じさせない。もともと足や肩といった身体能力で勝負するタイプではなかったということもある。ほとんどのQBは30代のうちに引退し、40代になってもプレイしつづけていたのは三十一が知っている範囲ではファーブ、ムーン、テスタバーディくらいだろう。しかし今年でブレイディが引退すると考える人はほとんどいないし、本人もまだできると考えているはずだ。もうしばらくはブレイディのプレイが見られることを期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

2017年1月の打ち上げ

先月は7件。中国2、日本2(うち失敗1)、アメリカ2、ヨーロッパ1。

5日 15:18GMT 西昌/長征3B (TJS-2)
9日 04:11GMT 酒泉/快舟 (Jilin-1 他)
14日 17:54GMT バンデンバーグ/ファルコン9 (Iridium x10)
14日 23:33GMT 内之浦/SS-520 (TRICOM-1) 失敗
21日 00:42GMT ケープカナベラル/アトラスV (GEO 3)
24日 07:44GMT 種子島/H-IIA (DSN-2)
28日 01:03GMT クールー/ソユーズ (Hispasat 36W-1)

中国の快舟 Kuaizhou の打ち上げは2年ぶり3度目。
近頃流行の、即応性の高い小型固体燃料ロケットという位置づけのようだ。つまりは日本のイプシロンのライバルということになる。むこうは日本など眼中にないだろうが。

で、日本はイプシロンよりもさらに徹底した小型ロケット SS-520 でマイクロサットの打ち上げを試みたが、一段目は正常に燃焼したもののテレメトリが届かなかったために一段目燃焼終了後、二段目には点火せずそのまま落下させることとなり、打ち上げは失敗。
重量3キロの搭載衛星はタイマーにより自動分離されたがもちろん速度が足りず太平洋上に落下した。
SS-520 自体は、日本の旧宇宙科学研究所が半世紀もの間運用してきた S シリーズ観測ロケットの発展形で、基本形はすっかり枯れた技術だ。実際、ロケット本体は問題なく動作していたらしいので、通信機能さえ正常であれば軌道投入に成功した可能性は高い。
だが、イプシロンロケットがすでにあるのに、「ありもの」の再活用ともいうべき SS-520 を使おうとした意図がよくわからない。今回の打ち上げはあくまで「デモ」で、このまま量産化するつもりではないのかもしれないが、SS-520 の地球低軌道打ち上げ能力は4キログラムで、これではマイクロサット1機を打ち上げるのがせいいっぱいだ。
マイクロサット1機を打ち上げるためにわざわざロケット1基を仕立てるような需要があるかどうか、個人的には疑問に感じる。

Orbital Launch Chronology

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »