« 2017年2月の打ち上げ | トップページ | 来たぜ、東北 »

2017年3月18日 (土)

棚倉城に行ってみよう

非電化単線鉄道愛好会会長たる三十一としては、こうした路線を残すためにもできるだけ多くの非電化単線鉄道に乗車することを自らに課してきた。精進の甲斐あってか、連続して100キロを越えるような未乗車区間はだいぶ少なくなってきた。該当するのは3区間。山陰本線の益田以西、紀勢本線の非電化区間、そして水郡線だ。
関東在住の三十一にとって、非電化単線鉄道愛好会会長でありながら137キロという長大な水郡線が未乗車のまま残っているという状態は早期の対応が求められた(誰に?)。

この3連休は珍しく完全にフリーになったので、せっかくなのでこの機会に東日本エリアの非電化区間をいくつか踏破しようと考えたのだ。
もちろん今日の主眼は水郡線である。問題は上菅谷-常陸太田間の支線だが、今日は時間がないので後まわしにした。次に機会もあるだろうし。だが本当は朝の支度に手間取って時間がなくなってしまったのだ。

常磐快速電車で柏に出て特急に乗り継ぐ。偕楽園の行楽シーズンだからどうかなあと思っていたけど、どうにか席はとれて特急「ときわ」で水戸へ。途中、偕楽園駅で乗客がごっそり下りていく。さらに一駅(半駅)で水戸着。
水戸には梅の時期を外して来たことがあり、そのときに偕楽園にも行ったので改札は出ない。駅売店で軽食を調達する。

駅の北端に水郡線ホームはある。水郡線の列車はすべてキハE132に置き換わっている。これから乗る列車も当然そうで、2両編成だ。休日の昼間だがそこそこ混んでいる。水戸はそれなりに大きな街なので覚悟はしていた。とりあえず窓際に座れたことでよしとしよう。進行方向には背中を向けることになってしまったが。発車時間が迫るとさらに乗客が乗り込み、かなりの立ち客が出るような状態で発車。常磐線からわかれ、那珂川を渡って北に向かう。
面白いと思ったのは、那珂川をわたるとてきめんに田園風景になってしまうことだ。そして那珂川の向こう側と思しきあたりにはビルが立ち並ぶ水戸の市街地が広がっている。このあたりがやはり地方都市ということなのだろうか。そして三十一の目についたのは田んぼの中にぽつんと置かれていた小型飛行機。飛行可能な状態には見えなかったが何かのオブジェだろうか。

上菅谷まで来たらだいぶ空くだろうかと思ったが、まとまった人数が降りて行ったものの立ち客が解消するほどでもなかった。立ち客がなくなったのはようやく常陸大宮あたりで、観光地の袋田まできてようやく空いたとい言える状態になった。好き勝手に席を選べるようになったのは常陸大子である。ちなみにこの列車は普段は常陸大子どまりだが今日は郡山まで行く。
常陸大子で30分ほど時間ができたので、その間に軽食を食べてそのゴミを駅のごみ箱に捨てにいったり、写真を撮ってみたりする。
Img_9372s
Img_9410s

駅前にC12が保存されていて、状態は悪くなかったんだけど柵のない側から側面の写真を撮ろうと思ったら駐車場の料金所の建物が邪魔をしていたので断念。ちょっと柵がうるさいかもしれないが文句は大子町役場のほうにお願いします。
Img_9386s
常陸大子を出ると短いトンネルを抜けたがこれが分水嶺というわけではなさそうだ。水郡線は地図をみると山中を越えているように見えるが実際にはそれほど起伏は激しくない。
さてこの先の予定を考える。今日の宿は郡山。本当は仙台あたりに宿をとりたかったのだが、適当な宿がみつからなかった。やむを得ず福島や郡山を探してみたところ、福島に宿泊できないわけではなかったが郡山のほうが選択肢が多かったので郡山とした。結果として時間が少し余ってしまうことになる。このまま郡山まで乗り通すと3時過ぎに郡山に着いてしまう。途中のどこかで面白そうなところがあれば一旦下車してみるのだが、と考えて思いついたのは棚倉(磐城棚倉)だった。
「棚倉」という地名を三十一が初めて知ったのは、戦前まであった国鉄白棚線の終点としてであった。その後、江戸時代に代々有力な譜代大名が封じられた南奥の要地であったことを知る。地図を見てみると棚倉の駅からそれほど遠くないところに、はっきりと堀が残った城跡が見て取れる。いまでは公園となっていて当時の遺構は何も残っていないようだが、磐城棚倉で下車して行ってみることにしよう。そこでどれくらい時間が潰せるかは行ってみないとわからない。

結果はと言えば、けっこう時間が潰せた。略長方形の本丸を取り囲む土塁がはっきりと残っており、2個所の門以外は堀に取り巻かれている。
Img_9446s
Img_9570s
堀には鴨や鯉が棲みついていた。
Img_9527s
そして城の片隅には忠魂碑とそのかたわらに「元帥畑俊六終焉之地」なる碑が。畑元帥が戦後忠魂碑の除幕式に出席していて心臓麻痺で急死したというのは知っていたが、それがここだとは初めて知りました。
Img_9550s
結局2時間あまり棚倉にいて、再び水郡線に乗り込んで郡山に向かう。途中、福島空港のすぐ横を通ったはずだが空港連絡道路が立派なこと以外は空港を思わせるものは何も見えなかった。右手前方に市街地がみえてきた。郡山だ。安積永盛で水郡線は東北本線と合流する。駅を出ると東北本線の上り線を横切って下り線に入り、一駅走って終点の郡山に到着。

今日の旅程:
柏 (0954) → 水戸 (1046) 2055M
水戸 (1115) → 磐城棚倉 (1357) 825D
磐城棚倉 (1621) →郡山 (1726) 335D

|

« 2017年2月の打ち上げ | トップページ | 来たぜ、東北 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/65032818

この記事へのトラックバック一覧です: 棚倉城に行ってみよう:

« 2017年2月の打ち上げ | トップページ | 来たぜ、東北 »