2012年8月14日 (火)

「空飛ぶ広報室」


本屋で見かけて即決で買って、二日で読み終えた本。

面白かったよ。
面白かったんだけど。

「僕らが理解してもらわないといけないのは、僕らに興味がない人たちです。元々ついてくれているお客さんに甘えてるだけじゃだめなんです。・・・」

この本を読もうと考えるのは、もともと有川浩という作家に興味がある人か、さもなくば自衛隊に興味がある人、つまり「元々ついてくれているお客さん」だけじゃないかなあ。

三十一のような「元々ついてくれているお客さん」にはお勧め。そうでない人にも出来たら読んで欲しいけど、どうしたら読んでもらえるか思いつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)